スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルポルト監修 ティラミス4号

イタリアンレストラン「アルポルト」片岡護シェフ監修


アルポルト監修 ティラミス4号


ティラミスの命、マスカルポーネチーズはイタリア産を100パーセント使用。さらに北海道産フレッシュクリームを贅沢に合わせて、豊かな風味と濃厚なコクを実現しました。隠し味には、マルサラワインを加えています。使用は4層構造。最下層にはコーヒーシロップをしみこませたコーヒースポンジ。その上に無漂白のマロンダイスをたっぷり敷き詰めました。そして拘りのマスカルポーネチーズを流し込みます。さらにサントノーレと呼ばれる特殊な口金でホイップしたクリームをリボンのように飾り、最後にチョコレートパウダーでふんわりと仕上げました。マスカルポーネチーズの味わいとマロンダイスの食感がベストマッチ。 

●片岡護シェフ
 1968年にイタリア総領事公邸の料理人として渡伊。1973年に帰国後、「小川軒」「マリーエ」を経て、1983年「アルポルト」のオーナーシェフに。日本ならではの素材を活かした、ライトでヘルシーな新・イタリア料理をいち早く提唱。日本におけるイタリア料理の発展に貢献をしているシェフです。※サイズは4号(直径約12センチ)です。


アルポルト監修 ティラミス4号
最新記事
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。