スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リボルテック タケヤ 動く仏像シリーズ 多聞天・広目天・阿修羅【3点セット】

仏像好きのあなたも、きっと気に入ります!!


リボルテック タケヤ 動く仏像シリーズ 多聞天・広目天・阿修羅【3点セット】


力感のある筋骨隆々な肉体、甲冑や装飾品、柔らかい布などあらゆるディテールをリアルに再現。
細部まで徹底的に造り込まれた造形にご注目ください。仏像として威信を高めるガジェットとして飾り台も付属。踏みつけられた足下の邪鬼まで一切の妥協なく造形されています。

ディスプレイモデルとアクションフィギュア両方の要素を楽しむことができる独創性の高い「作品」です。

多聞天・広目天とは
四天王のこと。仏教会の中心にそびえる聖なる山「須弥山(しゅみせん)」の中腹で四方(東:持国天、南:増長天、西:広目天、北:多聞天)を守っており、仏法の守護神とされている。足で踏みつけられているのは邪鬼で、仏教に敵対する邪悪なものを表している。また、それぞれを象徴する色が割り当てられている。

阿修羅とは
日本では温和な表情の阿修羅増が広く知られているが、もともとは古代インドの闘いの神であり、帝釈天を敵に回して激しい戦いを繰り返していたことから、悪神・鬼神と言われている。帝釈天との戦いに敗れた後は仏教に取り入れられ、仏法の守護神となった。


リボルテック タケヤ 動く仏像シリーズ 多聞天・広目天・阿修羅【3点セット】
最新記事
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。