スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんでんかんでん生ラーメン5食【替玉5個サービスパック】

マネーの虎なんでんかんでん社長の傑作ラーメン スープをそのままお店で詰める本格派とんこつラーメン


なんでんかんでん生ラーメン5食【替玉5個サービスパック】


麺の虎伝説
これは1987年、”なんでんかんでん”創業当時川原浩史がある雑誌の取材に応じたときの言葉である。
「もしこの店が成功したならば、10年後、日本のラーメンは豚骨になるだろう」1987年川原浩史
事実、その10年後、日本のラーメンは豚骨が主流となり、”なんでんかんでん”の成功をきっかけに日本はラーメンブームへと突入していきました。
そんな”なんでんかんでん”もオープン当初ははままならぬ苦労がありました。当時、東京のラーメンといえば、醤油か味噌が一般的で、今のように多種多様ではありませんでした。
そんな中、突如として出てきた”なんでんかんでん”のラーメンはこれまでの東京人のラーメン観を覆すものでした。

とんこつラーメンの衝撃走る!!
まず1つに博多特有のストレートな細麺。東京では当たり前のちぢれ麺とは似て非なるものでした。そして濃厚な白濁したスープは、東京のラーメン文化を嘲笑うかのようなものでした。さらに麺のおかわりの代名詞の”替え玉”。そして、入れ放題の紅ショウガやゴマ、更には辛子高菜。どれをとっても珍しいものばかりでした。特にスープは、ケモノ臭さが漂うためなかなか受け入れませんでした。
しかしながら東京在住の九州人にとっては、まさに待ちに待った味だったのです。これまでに、幾つかの博多ラーメン店が存在していましたが、どこも完全濃縮スープ、麺までもが縮れていて、全くの嘘ものだったのです。そんな中、当時東京では使われていなかった豚のカシラを中心に100%豚骨を使い、これでもかといわんばかりに炊き出したスープは衝撃的なものでした。

麺は本店でも使用している博多からの直送生麺! スープは店で作りたての本格とんこつスープをそのまま詰めてクールで配送! 到着後すぐ温めて、お店の味をそのままいただける「そのまんまパック」です!


なんでんかんでん生ラーメン5食【替玉5個サービスパック】
最新記事
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。